読んでみよう、仮想通貨のホワイトペーパー



Pocket

仮想通貨のホワイトペーパーに関する記事のイメージ図

仮想通貨のホワイトペーパーについて

「仮想通貨関係でホワイトペーパーってよく聞くけど、なに??」

そう思っているあなたに対して、この記事を書いております。本文は仮想通貨のホワイトペーパーについての記事です。例えばあなたが新規に仮想通貨を購入しようと思った際に目を通しておくべきものの一つがホワイトペーパーです。

以下では「じゃあそのホワイトペーパーってなに?」「どう読めばいいの?」「たとえばビットコインのホワイトペーパーってどんなの?」といった問題点を解決できたらと思います。

ホワイトペーパーとは

ホワイトペーパーとは翻訳すると白書です、それだけではわからないですよね。
そこでホワイトペーパーとは – Webマーケティング用語|ferret [フェレット]より以下は引用します。

ホワイトペーパーは、もともとは政府や公的機関による年次報告書つまり「白書」を意味しました。しかし近年では マーケティング用語としても用いられており、特定の技術や商品について売り込む目的で、調査と関連付けて利点や長所をアピールする記載がなされることが特徴です。

仮想通貨のホワイトペーパーの位置付け

上で引用した通り、ホワイトペーパーとは利点や長所をアピールする記載がなされることが特徴です。したがって、仮想通貨の場合はその仮想通貨の利点や長所、あるいはセールスポイントが記載されているのが仮想通貨のホワイトペーパーの位置付けです。

仮想通貨のホワイトペーパーってじゃあどう読めばいいのか?

基本的にホワイトペーパーというのは利点、長所を語ってはいますが、所詮は未来の空想のお話でしかありません。換言するなら妄想です。とはいえ、「どこの国にも頼らないお金を作りたい」って妄想が高値で流通したり、妄想が現実になる例もままあるわけです。そんなロマンがどの程度現実的かを見定めつつ、どういう算段でそれを実現するのかそろばんの部分もしっかりと気にとどめながら読むのが適切かと思われます。

よくいわれるロマンとそろばん、この二つが現実可能で、適切かを意識しながらホワイトペーパーを読むべきです。

主要仮想通貨のホワイトペーパー

この章では現在ある程度の流通・価値が認められた仮想通貨のホワイトペーパーを紹介したいと思います。

ビットコイン(bitcoin)

ビットコインのホワイトペーパー

原文は英語で書かれています。そのため、英語が苦手な方はcoincheckのブログ記事がわかりやすかったのでおすすめです。

日本語で読むビットコイン原論文 [by Satoshi Nakamoto]

イーサリアム(Ethereum)

イーサリアムのホワイトペーパー

栗本さんという方が翻訳してくださったホワイトペーパーがあります。

なお、イーサリアムについて技術的な部分をもっと知りたい方は以下もおすすめです。

術者向け Ethereumの基礎知識 (イーサリアム、エセリウム)

NEM(XEM)

NEMのホワイトペーパー

また、NEMについては周辺技術のアポスティーユ(所有権が移転可能な証明書をブロックチェーン上で発行できるツール)や、カタパルトについてのホワイトペーパーも読まれることもお勧めします。

アポスティーユのホワイトペーパー

カタパルトのホワイトペーパー

なお、宣伝になってしまいますが、NEMや仮想通貨の取引についてはZaifがおすすめです。

仮想通貨のホワイトペーパーについてのまとめ

以上、今回は仮想通貨のホワイトペーパーについてまとめてみました。ホワイトペーパーを読むことでロクでもない仮想通貨の詐欺に引っかかる可能性が大幅に減り、昨今のブロックチェーン技術について詳しくなることができます。現代に必要な教養もさりげなく身につけることができます。

なので、確かに難しいとは思いますが、ぜひ仮想通貨のホワイトペーパーには目を通されることをお勧めします。本記事お読みいただきありがとうございました。お役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です