仮想通貨をただでもらう3つの方法



Pocket

仮想通貨をもらう方法
仮想通貨をもらう方法

仮想通貨をただでもらう方法

「最近流行っている仮想通貨が欲しい、できればタダで」
「あー、仮想通貨高い、なんとかもらうことできないかな?」

そんな風に思っているいささか欲張りなあなたに対して本記事は有益な情報を提供できるかと思われます。

通常はcoincheckZaifなどの取引所で現金と交換することで手に入れられる仮想通貨ですが、(少額ならば)、ただで手に入れることができます。

そこで、私の思いつく3つの仮想通貨をもらえる方法について今回は記載したいと思います。

仮想通貨をただでもらう方法1 ツイッターでの配布で手に入れる

例えば、ツイッターでは時折、こんなツイートが見られます。

先にご紹介した二つのツイートのように仮想通貨を「仮想通貨を普及させたい」などの思いから、仮想通貨を配ってらっしゃる方もいらっしゃいます。その方に感謝しながらお恵みをゲットする。仮想通貨をもらう一つの方法です。

仮想通貨をただでもらう方法2 zaifの掲示板でチップをもらう

Zaifという取引所には、画面の下にチャット機能がついています。

zaifのチャット機能
zaifのチャット機能

zaifのチャット機能にはチップ機能がついていて、いいことをいうと時折チップがもらえたりします。もらった当初はむちゃくちゃ安かったモナコインが牛丼一杯分の値段になったりしているので、こちらで今は安い仮想通貨のチップをもらうというのも一つの方法かと思います。

仮想通貨をただでもらう方法3 ハーベスト・レンディング

最後に元手が必要になってしまいますが、維持コストがただのこんな方法があるよというの紹介します。

現在coincheckではレンディングサービスという仮想通貨を誰かに貸すことで仮想通貨を増やすことができるサービスがあります。一年間預けると5%分もらえることができます。ただし、こちらのレンディングサービスは10万円以上が必要です。

また、NEMという仮想通貨に限定するならば、ハーベストという、ビットコインでいうところのマイニングで、仮想通貨の収穫で新しいNEMをもらえることもできます。マイニングをするにはハイスペックのPCが必要ですが、ハーベストではロースペックなPCでも簡単に仮想通貨をもらうことができるという利点があります。

ただし、NEMを1万XEM以上(約20万円以上)を持っていなければハーベストできません。

あと、バンクエラという仮想通貨の銀行も昨今誕生しております。こちらも元手が必要になりますが仮想通貨をBNKという別種の仮想通貨に替えることで少しずつイーサリアムをもらうことができます。

仮想通貨をもらう方法3種類

今回ですが、仮想通貨をもらう3つの方法について紹介させていただきました。

もっとも簡単な方法は2番目に紹介したzaifでのチャットでチップをもらうことのような気がしております。

もしもご興味がある方はまずZaifの登録からはじめてみるのはいかがでしょうか?

今回もお読みいただきありがとうございました。あなたに価値ある情報を提供できたら何よりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です